セグメント

(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

 当社グループの報告セグメントは、事業の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、各会社の取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっております。
 当社は、本社に建設事業及び不動産事業の本部機能を置き、本部部署は、工事の受注・施工及び不動産の購入・売却・賃貸について包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
 したがって、当社は、各本部を基礎としたセグメントから構成されており、「建設事業」及び「不動産事業」の2つを報告セグメントとしております。
 「建設事業」は、主に、当社が土木、建築の工事を受注・施工しており、また、福田道路㈱では、舗装の工事を受注・施工しております。「不動産事業」は、複数の会社が宅地、建物等の販売及び賃貸をしております。
 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

 報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

 セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他(注)

合計

 

建設

不動産

売上高

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

170,689

2,646

173,336

592

173,928

セグメント間の内部売上高又は振替高

107

54

161

1

162

170,796

2,701

173,497

594

174,091

セグメント利益

8,016

235

8,252

19

8,271

セグメント資産

97,323

14,605

111,928

1,156

113,085

その他の項目

 

 

 

 

 

減価償却費

1,019

419

1,438

43

1,481

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

1,037

1,902

2,939

6

2,945

(注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、福祉関連事業等を含んでおります。

2.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当連結会計年度の期首から適用しており、前連結会計年度に係るセグメント資産については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値となっております。

 

 

当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

その他(注)

合計

 

建設

不動産

売上高

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

178,925

2,511

181,437

651

182,088

セグメント間の内部売上高又は振替高

125

53

178

1

179

179,050

2,565

181,615

652

182,268

セグメント利益

7,886

312

8,198

43

8,241

セグメント資産

110,481

15,937

126,419

1,156

127,575

その他の項目

 

 

 

 

 

減価償却費

975

409

1,384

43

1,428

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

1,371

1,101

2,473

13

2,486

(注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、福祉関連事業等を含んでおります。

 

4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

(単位:百万円)

 

売上高

前連結会計年度

当連結会計年度

報告セグメント計

173,497

181,615

「その他」の区分の売上高

594

652

セグメント間取引消去

△162

△179

連結財務諸表の売上高

173,928

182,088

 

(単位:百万円)

 

利益

前連結会計年度

当連結会計年度

報告セグメント計

8,252

8,198

「その他」の区分の利益

19

43

セグメント間取引消去

△52

△24

全社費用(注)

△163

△162

連結財務諸表の営業利益

8,055

8,055

(注) 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

 

 

(単位:百万円)

 

資産

前連結会計年度

当連結会計年度

報告セグメント計

111,928

126,419

「その他」の区分の資産

1,156

1,156

セグメント間相殺消去

△2,689

△2,592

全社資産(注)

15,436

14,563

連結財務諸表の資産合計

125,832

139,546

(注)1.全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない現金預金、投資有価証券等であります。

2.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当連結会計年度の期首から適用しており、前連結会計年度については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値となっております。

 

(単位:百万円)

 

その他の項目

報告セグメント計

その他

調整額(注)

連結財務諸表計上額

前連結会計年度

当連結会計年度

前連結会計年度

当連結会計年度

前連結会計年度

当連結会計年度

前連結会計年度

当連結会計年度

減価償却費

1,438

1,384

43

43

2

△3

1,484

1,424

有形固定資産及び無形固定資産の増加額

2,939

2,473

6

13

△24

△5

2,921

2,481

(注) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、主にセグメント間取引消去であります。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  2018年1月1日  至  2018年12月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載しておりません。

 

(2)有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載しておりません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載しておりません。

 

当連結会計年度(自  2019年1月1日  至  2019年12月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

セグメント情報に同様の情報を開示しているため記載を省略しております。

 

2.地域ごとの情報

(1)売上高

本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載しておりません。

 

(2)有形固定資産

本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載しておりません。

 

3.主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載しておりません。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

 前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

建設

不動産

その他

全社・消去

合計

減損損失

45

45

 

 

 当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

建設

不動産

その他

全社・消去

合計

減損損失

75

8

4

89

(注)「全社・消去」の金額は、セグメントに帰属しない全社資産に係る減損損失です。

 

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自  2018年1月1日  至  2018年12月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

建設

不動産

その他

全社・消去

合計

当期償却額

197

197

当期末残高

296

296

 

当連結会計年度(自  2019年1月1日  至  2019年12月31日)

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

建設

不動産

その他

全社・消去

合計

当期償却額

197

197

当期末残高

98

98

 

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

該当事項はありません。

 

 

tremolo data Excel アドインサービス Excel から直接リアルタイムに企業の決算情報データを取得

お知らせ

tremolo data Excel アドインサービス Excel から直接リアルタイムに企業の決算情報データを取得