沿革

 

2 【沿革】

昭和14年5月

石炭、鉄鉱石、石灰石等の製鉄原料の総合開発と資源確保を目的として、旧日本製鐵㈱の鉱山部門が独立し、資本金5,000万円をもって当社設立。二瀬、釜石、倶知安、赤谷の各鉱山を引き継ぎ稼行。

昭和18年2月

東鹿越採石所(昭和26年4月 東鹿越鉱業所に改称)を開設。

昭和25年8月

井倉採石所(昭和26年4月 井倉鉱業所に改称)を開設。

昭和25年10月

津久見採石所(現・大分事業所)を開設。

昭和25年12月

船尾採石所(現・連結子会社「船尾鉱山㈱」)を開設。

昭和26年10月

羽鶴鉱業所(昭和28年4月 葛生鉱業所に改称、現・栃木事業所)を開設。

昭和26年11月

関東証券㈱の経営に参画(昭和28年4月 資本参加)。

昭和29年3月

東京証券取引所第一部に上場。

昭和31年5月

炭鉱機械メーカーであった㈱幸袋工作所に資本参加することにより、機械事業へ進出。

昭和33年4月

尻屋鉱業所を開設。

昭和34年5月

三鷹研究所を開設(平成元年4月 研究開発センターに改称、平成6年10月 東京都日の出町に移転)。

昭和36年9月

営業部門の強化を目的として新和商事㈱(現・連結子会社)を設立。

昭和38年1月

鉱山コンサルタント部門を分離し、日鉄鉱山コンサルタント㈱(現・連結子会社「日鉄鉱コンサルタント㈱」)を設立。

昭和38年3月

北上産業㈱(現・連結子会社「日鉄鉱建材㈱」)に資本参加。

昭和39年7月

長尾山採石所を開設。

昭和40年10月

久原採石所(昭和63年10月 山口採石所に改称)を開設。

昭和41年11月

日本ボールバルブ㈱(現・連結子会社)に資本参加。

昭和43年11月

三井金属鉱業㈱との共同出資により、日比共同製錬㈱を設立。

昭和45年11月

足立石灰工業㈱との共同出資により、アテツ石灰化工㈱(現・連結子会社)を設立。

昭和46年4月

鳥形山鉱業所を開設。

昭和47年4月

日本セメント㈱(現・太平洋セメント㈱)他との共同出資により、津久見共同採掘㈱(現・連結子会社)を設立。

昭和47年6月

伊王島鉱業所の閉山をもって石炭生産部門から撤退。

昭和48年2月

直営生コン工場を分離し、日鉄鉱道南興発㈱(現・連結子会社)を設立。

昭和48年10月

機械営業部門を設置。

昭和52年1月

重機整備部門の拡大を目的として津久見車輛整備工業㈱(現・連結子会社)の株式を取得。

昭和54年3月

釜石鉱業所を廃止し、釜石鉱山㈱(現・連結子会社)を設立。

昭和54年4月

津久見鉱業所(現・大分事業所)の支山を分離し、四浦珪石㈱(現・連結子会社)を設立。

昭和60年1月

㈱幸袋工作所の子会社であった㈱嘉穂製作所(現・連結子会社)の全株式を取得。

昭和60年4月

化成品部門を設置(平成5年4月 環境営業部門へ改称、一部事業は資源事業部門へ統合)。

平成元年4月

不動産事業部門を設置。

 

 

 

 

平成2年2月

新日本製鐵㈱(現・日本製鉄㈱)との共同出資により、日鉄鹿児島地熱㈱(平成25年4月 当社に吸収合併)を設立。

平成5年10月

チリ共和国での銅鉱山開発のため、日鉄鉱チリ㈲(現・連結子会社)を設立。

平成9年3月

銅事業の海外展開を図るため、古河機械金属㈱他との共同出資により、オーストラリアにポート・ケンブラ・カパー社を設立(平成15年8月 操業休止)。

平成10年5月

袖ヶ浦物流センターを開設。

平成10年7月

関東証券㈱と堂島証券㈱が合併し、堂島関東証券㈱(現・堂島関東㈱)が発足。

平成11年5月

チリ共和国での銅鉱山開発のため、現地法人との共同出資によりアタカマ・コーザン鉱山特約会社(現・連結子会社)を設立。

平成15年1月

アタカマ銅鉱山(チリ)の試操業を開始(同年6月より本格操業に移行)。

平成15年3月

㈱幸袋工作所の破砕機事業を同年1月に設立した㈱幸袋テクノ(現・連結子会社)に移管し、㈱幸袋工作所を解散。

平成18年1月

津久見鉱業所(現・大分事業所)が行っていた石灰石加工・出荷業務を引き継ぐため、津久見石灰石㈱(現・連結子会社)を設立。

平成18年6月

当社が保有するポート・ケンブラ・カパー社株式を古河メタルリソース㈱へ譲渡し、同社の経営から撤退。

平成20年4月

三井鉱山㈱(現・日本コークス工業㈱)の子会社であった北海道共同石灰㈱(現・連結子会社「北海道石灰化工㈱」)の全株式を取得。

平成20年6月

堂島関東証券㈱(現・堂島関東㈱)の行う自己株式取得に応じ、当社保有の全株式を売却し、証券事業から撤退。

平成21年3月

葛生鉱業所(現・栃木事業所)が行っていた石灰石採掘・加工業務を引き継ぐため、葛生石灰砕石㈱(現・連結子会社)を設立。

平成25年3月

日鉄鹿児島地熱㈱(同年4月 当社に吸収合併)が行っていた地熱蒸気供給の操業業務を引き継ぐため、霧島地熱㈱(現・連結子会社)を設立。

平成25年4月

鹿児島事業所を開設。

平成25年9月

自然エネルギー開発の推進を目的として、再生可能エネルギー事業部門を設置。

平成25年10月

新日鐵住金㈱(現・日本製鉄㈱)の子会社であった住金鉱業㈱(現・連結子会社「八戸鉱山㈱」)の株式を取得。

平成29年10月

チリ共和国での銅鉱山開発のため、当社の関連会社であったアルケロス鉱山㈱(現・連結子会社)の株式を追加取得。

 

 

tremolo data Excel アドインサービス Excel から直接リアルタイムに企業の決算情報データを取得

お知らせ

tremolo data Excel アドインサービス Excel から直接リアルタイムに企業の決算情報データを取得