沿革

2【沿革】

当社は“技術”と“社員”に責任を持つ、技術志向の会社を作りたいと考え、技術の進化を的確に捉え、進化する技術を活用して社会に貢献する企業とすることを目的として、1997年6月11日に株式会社ソフィックス名古屋として設立しております。

当社設立以後の当社グループに係る主要事項は次のとおりであります。

 

1997年6月

株式会社ソフィックス名古屋として名古屋市中区に会社設立(資本金1,000万円)し、工作機械制御ソフトウェア請負を開始

1999年4月

制御ソフトウェア技術をベースに家電分野へ進出

2000年3月

自動車分野へ進出

2000年10月

社名を株式会社ヴィッツに変更

2004年4月

自動車国際標準仕様RTOS(OSEK/VDX仕様)を開発

2005年7月

名古屋市中区に白川事業所を設置

2005年8月

中小企業向けの公的研究事業(産官学連携)による研究を本格的に実施これ以降、毎年数本の研究事業を継続的に実施

2005年10月

FlexRay通信ミドルウェアを開発

2007年2月

同区内(名古屋市中区)に本社移転(白川事業所と統合)

2008年4月

研究成果を活用した機能安全事業を開始(後に機能安全開発部を設置)

2008年9月

大阪市北区に大阪事業所を開設

2010年3月

東京都千代田区に東京事業所を開設

2010年4月

国際認証機関 独 T Ü V S Ü D より、機能安全規格 IEC 61508 SIL-4 ソフトウェア開発プロセス認証を国内で初めて取得

2011年9月

自動車及び産業機械向けのリアルタイムオペレーションシステム(商品名:OWLSシリーズ)の販売を開始

2012年3月

国際認証機関 独 T Ü V S Ü D より、自動車向け機能安全規格 ISO 26262 ASIL-3 ソフトウェア開発プロセス認証を世界で初めて取得同時に、国内4社の認証取得コンサルティングを行い、コンサル先企業も認証を取得

2012年11月

札幌市中央区に札幌事業所を開設

2013年2月

名古屋市中区に先端技術の調査・研究、コンサルティングを行う株式会社アトリエを設立

2013年8月

同区内(東京都千代田区)に東京事業所を移転

2014年3月

同区内(大阪市北区)に大阪事業所を移転

2014年5月

同区内(札幌市中央区)に札幌事業所を移転

2014年9月

横浜市港北区に横浜事業所を開設

2016年5月

国際認証機関 独 T Ü V S Ü D より、制御機器セキュリティ規格 IEC 62443 に準拠した Security Operating System のセキュリティコンセプトに関する Technical Report を取得

2016年6月

横浜事業所を閉鎖(東京事業所に集約)

2016年10月

沖縄県那覇市にソフトウェア検証・実装業務を専門的に行う株式会社ヴィッツ沖縄を連結子会社(100%)として設立

2016年12月

沖縄県うるま市に沖縄分室を開設

2017年3月

株式会社アトリエ(現・連結子会社)の株式を追加取得

2019年4月

2020年7月

東京証券取引所マザーズに株式を上場

東京証券取引所市場第一部へ市場変更

tremolo data Excel アドインサービス Excel から直接リアルタイムに企業の決算情報データを取得

お知らせ

tremolo data Excel アドインサービス Excel から直接リアルタイムに企業の決算情報データを取得