研究開発活動

5【研究開発活動】

当連結会計年度における研究開発活動は、変化する顧客のニーズに対応できる特徴ある製品・サービスを創出することを目的としており、提出会社中心に進めてまいりました。

具体的には、新製品開発をはじめとする自社商品の競争力強化、および顧客に価値あるICTサービスを提供するための技術力強化をテーマに、次のような活動を行ってまいりました。

当連結会計年度の研究開発費は、 149,086 千円であり、主要な研究開発活動は次のとおりであります。

 

(デジタルインダストリー事業)

製造現場および物流におけるデジタル化を支援するスマートファクトリー分野において、次の開発研究を行いました。

・機械学習技術を用いた画像処理に関する研究開発

・データ分析におけるAI活用に関する開発

・WiseImaging バージョンアップ機能追加開発

・次世代物流サービスソリューションの開発

・LogiPull 機能拡張開発

・位置情報に関連するサービスプラットフォームに関する開発

・車載ソフトウェアシミュレーションに関する開発

・I/Oセンシングに関する開発

・cleardox バージョンアップ機能開発

・Visual Factory 機能拡張開発

この結果、当連結会計年度の研究開発費は、 113,610 千円となりました。

 

(サービスインテグレーション事業)

お客様のビジネス環境を多種多様な脅威から守るセキュリティサービス分野において、次の開発研究を行いました。

・環境別セキュリティソリューションの開発

・CRMクラウドサービスの業種別テンプレート開発

この結果、当連結会計年度の研究開発費は、 35,476 千円となりました。

 

 

tremolo data Excel アドインサービス Excel から直接リアルタイムに企業の決算情報データを取得

お知らせ

tremolo data Excel アドインサービス Excel から直接リアルタイムに企業の決算情報データを取得